過払い金とは、過去に払いすぎた利息のことをいいます。

以前から問題になっていたのですが、利息制限法という法律が儲ける利率上限を多くの金融業者は超えて融資を行ってきました。一応法律上は禁止されていたのですが、罰則がないため、黙認されていたかのような状態になっていたのです。

しかし現在は、グレーゾーンと言われた、「一応法律で禁止されていた金利」は無効、つまり金利としては認められないと最高裁判所が判示しています。
そのため、法律上禁止されていた金利を過去に払っていた方は、その額を返還してもらえるのです。

また、現在、法律上禁止されている金利を請求されいている方(まだ払っていない方)も金融業者にきちんと法律上認められていない金利は支払えないということを主張しましょう。金利をさげてくれたり、0になったりということがよくあります。その際に、しっかりと言質をとるために録音などをしておくことも有効な手でしょう。

金融業者は多くの方が思っているほど怖くはありません。過払い返還や、利息の引き下げ要求をしても怒鳴られるなんてことはありません。しっかりと法律上の権利を主張することが大切です。