当然ですが、借入れを続けていると利息が発生します。

その額が大きければ大きいほど、なかなか元本が減らずに返済が遅れてしまいます。借入れの前にどれくらいの利息を払うことになるのか確認しておくことが大切です。

利息は
残高×利用日数×利率

÷365

で算出できます。

つまり、借入れの残高(元本)が大きく、利用日数が長く、利率が高ければ、どんどんと利息は高くなっていくのです。
この3つの要素をいかに低くするかを考えましょう。

残高を低くすることは一般的には困難です。それができるのであれば、そもそも借入れを行わないことが多いからですね。
ただ、臨時収入などが入ったときは多めに返済をし、残高を少なくすることが大切であることは言うまでもありません。

つぎに、利用日数です。
これは、「早く返せばそれだけ利息をあまり取られない」ということを意味します。
極力早く返済をするようにしましょう。

最後に利率。
これは法改正の手がはいり、徐々に低くはなってきています。
しかし、それでも審査が柔軟なところ(貸し出し基準が低いところ)は、利息が高くなりがちです。高いリスクを負っているのですから当然といえば当然です。
カード系のところや銀行系のところが一般的には利率が低いです。まず可能であるならばそのような利率の低いところを利用することが大切です。