まず、借入れをする際には、借入れができるかどうかの審査が行われます。その際に、基本的な身分証明書が必要です。
例えば、健康保険証、運転免許証、パスポート、外国人登録証明書などです。

どれかひとつではなく、複数提出すれば審査は楽になりますが、たいていは1つで充分です。まずひとつを提出し、申込みをした会社からさらに求められたときに他の身分証明書を提出すれば充分でしょう。
ただし、取得3ヶ月以内の証明書類(運転免許証やパスポートなど)の場合、その証明効果が少し低く審査が厳しくなりやすいです。

そこで、源泉徴収表や公共料金の領収書など、公的機関発行を証明する書類なども併せて提出することをおすすめします。
もし、現在既に他社から借入れを行っている場合などは、審査が厳しくなりやすいですからそういった公的機関発行の証明書類を提出するよう言ってみてもよいでしょう。